十二指腸潰瘍とは・症状 ・原因 ・治療・検査

十二指腸潰瘍とは?

十二指腸潰瘍はヘリコバクター・ピロリ菌が原因で起こることが多く、胃液中の「塩酸」や「ペプシン」により胃を保護している粘膜が消化される現代社会の代表的な病気の1つです。
十二指腸潰瘍の「潰瘍」とは、皮膚や粘膜がただれたり、崩れ落ちるという意味で、十二指腸潰瘍や胃潰瘍は、「消化性潰瘍」とも言われています。

十二指腸潰瘍 目次へ△



十二指腸潰瘍の症状


十二指腸潰瘍の症状


みぞおちから上腹部右側辺りの腹痛

十二指腸潰瘍の自覚症状の中で最も多いのが腹痛で、みぞおちから上腹部右側辺りに痛みを感じます。


十二指腸潰瘍は、空腹時や夜間に腹痛が起こり、食事をすると一時的に治まる症状が多く見られます。

また、胃潰瘍の場合は、食後に痛み出し、あまり食事を取りすぎると長時間痛みが続きます。

腹痛が強ければ強いほど、十二指腸潰瘍の状態が悪いわけではなく、十二指腸潰瘍にかかっていても全く痛みを感じない場合もあり、気が付かないまま、潰瘍が悪化し胃に孔(あな)が空き「穿孔性潰瘍」になって、初めて激痛が起こり十二指腸潰瘍に気づくといった場合もあります。


背中の痛み


十二指腸潰瘍で腰痛になったという方がおられますが、これは、十二指腸自体が背中側にあるため、潰瘍が後ろにできた場合や放散痛として出る背中の痛みは、十二指腸潰瘍の症状の特徴でもあります。



吐き気・嘔吐・食欲不振・体重減少


十二指腸潰瘍になり胃液が多く出すぎで胃粘膜とのバランスが崩れると、胸やけ酸っぱいゲップなどが起こり、嘔吐吐き気食欲不振により体重が減少するなどの症状が出ることがあります。胸やけは胃液が食道に逆流して起こる症状で、胃液が多すぎる場合にみられます。


また、十二指腸潰瘍の治癒時や再発を長年起こしている場合など、十二指腸に瘢痕(はんこん)ができて「幽門狭窄(ゆうもんきょうさく)」という病気になることがあり、食べ物がスムーズに通らなくなり、吐き気や嘔吐を起こす場合もあります。



吐血


十二指腸潰瘍が出血すると吐血や下血することがあります。この場合、胃酸によってどす黒くなった血を吐血します。
出血時には、冷や汗・脈拍が乱れる・血圧低下・激痛を伴うこともあります。
また、真っ赤な血を吐く場合は、肺や気管から出た喀血(かっけつ)です。


下血

十二指腸潰瘍で便に血が混じる場合、どす黒い便が出ます。
十二指腸潰瘍では、吐血より下血が多く見られます。
この便を「タール便」と言いますが、下血の場合気づかないこともあり、貧血になってやっと十二指腸潰瘍で吐血していると気付く場合も少なくありません。下血は、胃潰瘍胃がん、大腸ガンの症状でもありますし、大量に下血する場合、病院で検査をする必要があります。



口臭・酸っぱいゲップ・胸やけ

十二指腸潰瘍になると、胃酸過多によって起こる口臭酸っぱいゲップ胸やけなどの症状が見られることがあります。

十二指腸潰瘍は胃潰瘍よりも胃酸の酸度が高まるので口臭酸っぱいゲップ胸やけの症状が強くなります。

また、口臭は十二指腸潰瘍だけではなく、肝炎・慢性胃炎・胃下垂など、その他の病気でも起こります。

十二指腸潰瘍 目次へ△



十二指腸潰瘍の原因


十二指腸潰瘍の原因




ヘリコバクター・ ピロリ菌の感染

十二指腸潰瘍の原因の約9割がヘリコバクター・ピロリ菌が原因とされています。
ピロリ菌は、口から入って感染すると言われており、ピロリ菌にかかると、まず、慢性胃炎となり、そのごく一部が慢性胃潰瘍などになります。

ピロリ菌が原因の十二指腸潰瘍の場合、抗生物質を1〜2週間服用して、ピロリ菌を除去すれば治ります。




イライラ、過労、睡眠不足、緊張、不安、手術前などからくる肉体的・精神的ストレス

ストレスが十二指腸潰瘍の原因となることはピロリ菌の次に多く、急性の強いストレスは急性胃潰瘍の原因にもなっています。








刺激の強い香辛料や熱過ぎたり冷たすぎる飲食物を摂取し続けた場合

刺激の強い香辛料など、胃を刺激するものを過剰摂取すると十二指腸潰瘍の原因となることがあります。


痛み止めやステロイドなどの強い薬や長期にわたる服用


痛み止めやステロイドなどの強い薬や長期にわたる服用や薬の長期服用などで胃に負担がかかり十二指腸潰瘍になることがあります。 



喫煙・飲酒・コーヒー

喫煙は胃粘膜の血流を低下させるため十二指腸潰瘍の引き金となることがあります。
また、大量の飲酒やコーヒーは胃ひ負担がかかり十二指腸潰瘍の原因となることがあります。


暴飲暴食、早食いなど不規則な食生活

暴飲暴食、寝る前に食事をとる、よく噛まないで早食いするなど、不規則な食生活は胃に負担がかかってしまいます。







十二指腸潰瘍 目次へ△



十二指腸潰瘍・胃潰瘍のしくみ

十二指腸潰瘍は、胃液と胃を保護する粘膜とのバランスが崩れた時に起こります。
食べ物を消化してくれる胃液は強い成分で胃粘膜を溶かすほどの力があるので、胃粘膜は消化されないように粘液を出しています。

胃液の胃酸を「攻撃因子」、胃粘膜の抵抗力や粘液を「防御因子」と言い、普段は両方のバランスが保たれています。
ところが、ストレスや服薬で「攻撃因子」が強くなってしまったり、抵抗力の低下や粘液の分泌が減ることで「防御因子」が弱くなってしまい、バランスが崩れると、胃粘膜が消化されて傷つき、十二指腸潰瘍や胃潰瘍が起こるのです。


十二指腸潰瘍と胃潰瘍は、年齢によって発症率が違い、若い人は、十二指腸潰瘍を発症することが多く、年を重ねると胃潰瘍を発症することが多くなります。

塩酸やペプシンが出てくる、潰瘍のできにくい「胃底腺領域」と、「幽門腺領域」との境目の幽門腺領域側に潰瘍ができます。

この境目は、年を重ねるごとに上へ上がっていくので、若い人が十二指腸潰瘍を発症するのに比べ、中年の方ほど胃潰瘍になることが多くなるのです。

十二指腸潰瘍 目次へ△


十二指腸潰瘍の治療


十二指腸潰瘍の状態によって薬の組み合わせは異なりますが、胃酸の分泌を抑え、潰瘍を修復する薬を服薬します。
ピロリ菌が発見された場合は、ピロリ菌を除菌する抗生物質を一週間程度服薬して治療します。

また、自分にあったストレス解消法を見つけ、規則正しい生活・食生活を心がけ、ゆっくり休むことが大切です。
胃の負担になる香辛料や高脂肪食、アルコールなどは避けて、禁煙することで改善を早める手助けとなります。

十二指腸潰瘍は一般的に6週間程度の治療で良くなります。

十二指腸潰瘍の薬を飲み続けて、痛みがなくなり自己判断で服薬を止めてしまうと再発の原因となりますので、医師の指示に従って服薬してください。

十二指腸潰瘍 目次へ△


十二指腸潰瘍の検査


レントゲン検査(X線検査)

十二指腸潰瘍の大きさや潰瘍の周りの粘膜、胃壁、変形の様子を観察します。バリウムを服用後、体の向きをいろいろと変えて撮影します。



胃カメラ(内視鏡検査)
潰瘍の状態を観察し、ピロリ菌の有無、病気がどの程度の症状かなどを診断します。

胃カメラが喉を通る時に少し抵抗感がありますが、5〜15分ほどで終わります。
また、胃カメラが苦手という方には、吐き気をほとんど感じることのない、鼻から行う内視鏡検査がある病院もあります。


検査前の注意事項

・検査前は胃の中を空にしておく必要がありますので、前日の午後9以降は食事はぜず、当日は飲食しないでください。
・タバコは胃液の分泌をうながすため吸わないでください。

※注意事項は、各病院や検査内容により異なりますので、医師の指示に従ってください。


尿素呼気試験

ピロリ菌の有無を調べるための、体に負担のかからない検査です。
錠剤を飲んで、袋に吐きだした空気を計測機器で調べます。


 

血液検査・尿検査

人間はピロリ菌など、細菌に感染すると、その菌に対する抗体が作られます。
その抗体を利用して血液や尿を用いてピロリ菌の有無を測定します。

十二指腸潰瘍 目次へ△

胃潰瘍もわかる あるある大胃典 トップに戻る